京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ



上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。


2012年02月27日

e-arth-day~




またまたお知らせです。

南丹市在住のアーティストによるグループ展です。
2/26(sun)~3/3(sat)
14:00~16:00
場所:南丹市国際交流会館

鈴木裕希(絵画)
デボラ・スタウト(和紙造形)
用澤愛子(染め・立体)
用澤修(彫刻)
前田貫太郎(染め絵)

開催イベント
●『マオリ再生ドキュメント』
3/1(木) 14:00~16:00
マオリ族を通してニュージーランドの歴史と環境を見るドキュメンタリー
監督、サイモン・マーラー氏とお話
参加費:500円

●造形遊びワークショップ
3/3 (土)14:00~16:00
自然素材を使って造形遊び!
参加費:300円(おやつ付き)
鈴木裕希

お申込み・お問合せ
森林・環境ネットワーク
iaf☆me.com
またはhoantama★gmail.com(いずれも☆を@に変えてください)




comment:(2)  


2012年02月20日

子どもと現代美術




なんだかたいそうなテーマですが、、

私は小さい頃から美術が好きで、中学生の時は印象派、ルネサンス、古典、シュールリアリズム、と好きになり、高校生の頃はポップアートや抽象絵画も夢中になりました。

でも現代美術だけは、、、だいっきらいでした。
大学に入っても「けっ!気取りやがって」としか思ってなかったし、そのくせ足を運んでは「わけわかんねーし(こんな言葉使ったことないけど)」と、それはもうむしろ毛嫌いしておりました。

そのくせ赤瀬川源平大好きでした。その上、学生時代に制作したものは大体コンセプチュアルアートでしたね。それはいまだに。てへ



でもでも、そんな私も三十路をすぎて丸くなったのか、子どもが出来て変わったのか、、180度回転!!!

というのも、都会を離れて文化的な刺激に飢えているのも手伝って、近くで珍しい現代アートの展示があると聞いて見に行きました。
もちろん娘のなみを連れて。
多分私一人だったら今までと変わらず「ふう〜〜ん」で終わっていたのでしょう。
でも今は、全ての感覚がまだ前人未到のまっさらな、常識も決まり事も何のとらわれもない自由人と一緒です。
まさにマスター!!
「ああ、そうですか、これはこうやって鑑賞するのですね。ふんふん」
「へへえ、あれはアンパンマンに見えるんですか。それはそれは」
「ああ、絵画は邪道ですか」


なみといて、
「アートって、こうやって楽しむんだな」って思いました。
な〜んにも考えなくていいんだ。


日常のアート

子どもの表現は人間のアートの歴史をそのまま辿るという、、。
なみの初めての表現は、つみきをストーンサークルのように並べていたっけ。

赤ちゃんの感覚を追体験してみたい。
そうして、その意識で作品を作ってみたいです。
私の願望

そのひとつ↓



comment:(0)